石戸 晋

石戸 晋
広告/出版|クリエイティブ
慶應義塾大学 大学院 工学研究科 1983年 修了

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


カメラ

撮影した画像


貴重な体験を伝えるため。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


自分の持っているもの(経験、知識)全て

思い出


形あるものはいつかは無くなってしまうので。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


多くの人にお会いすることで知り得たもの

新しい目標の達成


一つの考え方に捕らわれないで視野を広げることができた過去10年だったと思うので、一歩でも前進したと思える結果を残したい。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


時間

やりたい事、そしてやらなければいけない事


限り有る時間を有効に使い、充実した生活を送るために、てんびんの皿に毎日のせなければならないものと思っている。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


才能

努力


才能の量と努力の量の相関で、人生という楕円を描いているように思える。才能と努力の和が大きければ、大きな楕円(成果)を描くことができるので、小さな楕円を撃ち破るのが人に与えられた使命(人生)に思われる。