吉野 絵吏

吉野 絵吏
学生
慶應義塾大学 法学部 法律学科 在籍

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


火をおこせるもの


火があれば生きていける。(火を通せば調理もできるし、殺菌もできる)
砂は形に残るので、無人島から生きて帰れた証とすることができる。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


安心感

安心感


安心できる場所、いつでも帰ってこられる場所があれば、色々なことに挑戦できる。そのような基地のような場所を一番大切な人にあげたいし、大切な人からもらいたい。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


自分という存在がどのようなものか少しわかったこと。

母になること、やりがいのある仕事をすること。


過去10年でわかった「自分」というものがこれからの人生に求めるもの、それがこれからの10年の成果に記した二つである。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


将来のための時間

今のための時間


将来のために今、時間をかけてやらなくてはならないことがある。しかし、時間のある学生時代、今しかできないことがある。この2つの間で常に揺れている。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


家族

友人


家族や友人は、いつでも自分が帰ってこられる場所であり、困った時に手を差し伸べてくれる存在である。
この2つが自分を支えてくれている。