吉岡 美佳

吉岡 美佳
学生
慶應義塾大学 法科大学院 在籍
慶應義塾大学 法学部 法律学科 2004年 飛び級退学

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


ヤギ。

まだ生きてたらヤギ。


ヤギならミルクからチーズやヨーグルトも出来るし、孤独を若干和らげてくれそうだから。そして、帰る時にまだ生きていたら、サバイバルな生活を一緒に暮らした仲間として、一緒に帰りたいです。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


愛情。

やっぱり愛情。


物よりも何よりも一番価値があると思うし、得難いものだから。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


多様な考えを持つ方々との出会いと、それによる成長。

実行力。


過去十年は小学生から大学院生までなので色々ありすぎるのですが、全体を見れば人との出会いによる成長が一番大きいです。必ずしも全てがいい形であった訳ではないけれど、それを通じて今の自分が作られたと思う。 これから身に付けたいものとして実行力を挙げたのは、今の自分はまだまだ頭でっかちで、実際に出来る事が少ないから。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


法科大学院の学生として勉強

主婦のようなこと、プラス思いっきり遊ぶ


法曹を目指して法科大学院に入った以上、勉強するのがメインなのは当然ですが、一人暮らしなので家事に追われ、とくに休日は主婦みたいな生活をしています。そして息抜きも兼ねて、遊ぶときには21歳の女の子に戻って、おもいっっきり遊んでいます。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


自分が成長できるか、といった好奇心・野心など自分の視点

社会に貢献できるか、など他者を意識した視点


自分の力や興味だけでは中心点から常に同じ距離をとった円のような人生になると思います。それも一つの完璧な形ですが、長い人生ずっとそれだけでは面白くないし、もう一つ視点があった方が、円が楕円へと広がるように自分の人生が豊かになる気がします。その点、周囲の意見など他者の視点を取り込む事は勉強になり、確実に自分の世界を広げてくれます。また、社会との関連性の中で個人としての私が生かされている以上、社会に対し責任もあると思います。エゴに走ろうとする私個人と、社会との折衝を図ることが、今の私が考える人生の課題です。