本庄 出

本庄 出
不動産|不動産マーケット分析
(株)生駒データサービスシステム
慶應義塾大学 経済学部 経済学科 2003年 卒業
早稲田大学 大学院 社会科学研究科 2005年 修了

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


写真

無人島の生活で一番苦しかった時期、作った食器


持って行くもの:島での一瞬一瞬の出来事を残しておきたいから持って帰るもの:後の人生で辛いことが起こったとき、食器で食べることで無人島での生活を乗り越えた体験を思い出し再びエネルギーを取り戻せる。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


幸福

素でいるときの笑顔


あげたいもの:自分の幸福は大切な人という存在によって支えられてるのだから、同じものをあげたい。
もらいたいもの:心からの安心感に満ちた瞬間が見られるのが自分の一番の喜びだから。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


複眼思考

継続力


過去10年の成果:複眼思考ができるようになったこと(「別の角度から見ると」「その発想も面白い」を口癖にできた)。これを得たことで寛容になり、思考の幅が広がり、気持ちの切り替えができるようになったので、一番の成果と考えている。
これから10年の成果:チリも積もれば山となる。夢を実現させることができるのは日々の地道な努力を怠らなかった人ばかり。強く意識したい。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


今の自分

10年後、夢を実現できている自分からみた今の自分


将来の目標を持ちそれを叶えるプロセスとして、日々を過ごしているのだということをいつも意識するようにしている。(それでも左のお皿が軽くなってしまいがちだが…)

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


覆水盆に帰らず

想像(創造)力


人生は一度しかない。日々の生活に、後で振り返って満足できるような意味・意義をもたせたい。そのためには、自分と他人、過去と未来がよく見通せていることが不可欠。だから、常に情報得ようと意識をし、自分を客観視する時間を持つことが必要。