長島 英樹

長島 英樹
コンサルティング|サービス/販売
野村総合研究所(NRI)
慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 2003年 修了

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


インターネットに接続可能な太陽光発電式ノートパソコン

笑いあり涙ありの感動サバイバルストーリー


現時点で対面以外で一番社会とつながっていられるのはインターネットであり、無人島でもインターネットにつながれば、日常に近い情報の中で生活が送れるはずである。設問が無人島から社会に戻る前提であるので、戻ったときに情報弱者とならないように、これが必要。
また、無人島生活を楽しく語れるコミュニケーションツールとして使うため、映画のようなストーリーを持って帰りたい。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


何がいいか誰か教えてください。


目下、人生最長の片思い中なので。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


無駄に浅く広く得た知恵・知識の数々

それらを統合して、オールマイティな対応力を得たい


そうやって何でもやろうとして生きてきた人生だから。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


仕事

それ以外の活動


あまりに仕事に時間を取られすぎているため。
このてんびんを右に傾けるよう努力中。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


リスクを恐れず突き進む力

バランス感覚


基本は何でもやってみたいが、ただやみくもに走っていっただけでは、結局何も進んでなかったりするので、バランス感覚でそれを調整し、常に周り(社会)との距離感を計って同じにしておきながら、うまく進められるな生き方をしようとしているため。