景山 邦昭

景山 邦昭
情報通信|企画
IBM Corp
慶應義塾大学 工学部 数理工学科 1984年 卒業

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


太陽電池付 携帯端末

無人島で考えたり起こった事を記したノート


太陽電池付 携帯端末は、Internetに接続でき、出来れば映像受信/送信の機能が付いた物。コミュニケーション ツールがあれば、問題が発生したときの解決方法を入手し役立てる事ができる。また、命に関わるような緊急事態が起こった時には、援助を要請できる。また、無人島での生活をBLOGで発信し、生活自体をビジネスにする事ができる。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


その人が望む事を実現する機会

今私がやっていることへの理解と助言


その人が望んでいる事を実現できる為の"機会(Opportunity)"をあたえる。直接の成果物をあげるのでなく、ゴールに至るステップ(機会)を提供する。
物やお金は、成果についてくる。成果に至る過程を支援する事が大切と考える。
人からは何かを貰う事はあまり期待していないが、今私がやっている事への理解と助言が貰えれば良いと思う。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


海外で仕事をするチャンスを得た事。

国を跨った事業を起こす。


日本は元々資源の少ない国であり、将来の国内経済の先細り傾向を考えると、日本企業の海外での活動が日本経済を支えてゆく事になると考える。それを支援する事が自分の使命と思う。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


将来の事業の準備活動と投資活動。同時に生活そのもの。

現在の仕事。


現在の仕事は疎かにすることは出来ないが、自分の建てた将来計画にも時間と労力を費やす必要がある。(現在なくしては将来はないが、長期的には将来計画が重要)また、Work/Life バランスも重要。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more



公私のバランスで社会の一員として生きている。どちらも0にならない量のバランスを取っている。