大塚 悦時

大塚 悦時
広告/出版|エンジニア
(株)リクルート
慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 1989年 修了

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


紙と鉛筆

日々、感じたこと、美しい風景などを綴ったもの


そこで何を考え、何をしたのか、自分自身への発見や気づき、何をみて感動したのか、何に失望したのか、それはどうしてなのか?その経験は代え難いモノだと思うので。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


その人の可能性を気づかせて、背中を押してあげたい

信頼


可能性があるのに自分自身がそれに気づかなかったり、できないと思いこんでいることが多い気がする。可能性を信じ努力しているときの目の輝き、希望を語るときの声は何よりもすばらしいと思うので。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


嫁さん。

国境の壁を乗り越えること。


楽しくて刺激的な家庭を築けたのは彼女のおかげだから。
中国、韓国、アメリカ、アフリカ…・国の事情で一人一人が不幸になっている気がします。そのために、何かしたい。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


今の生活

やりたいこと


海外生活やボランティア活動、独立起業…
やりたいことを思い切りやろうとすると、今の生活に少なからず影響を与えます。…と思うとなかなか思った通りにはできないですね。結局バランスをとってほどほどにできることをやってます。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


自分

社会


人生は自分と社会との関係をどうするかということなのかと思います。
自分の時間・お金、才能などを恵まれない人たちや社会のために使う部分と自分の成長や満足のために使う部分があってその関係のなかで自分が歩んできたものが人生になるのではないかと思います。