山本 善徳

山本 善徳
製造|営業
旭化成ケミカルズ(株)
慶應義塾大学 法学部 法律学科 2001年 卒業

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


三田祭の赤法被

一握の砂


無人島で最も厳しいのは、孤独との戦い。慶應での人の繋がりは永遠であり、自分はひとりではないんだといいう証のために、大学時代の仲間の寄せ書きが入った三田祭の赤法被を持っていきたい。一方で、持ち帰るのものは、一握の砂。思い出の品として、海の香と潮風の代わりに・・・。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


さりげないやさしさ

屈託のない素敵な笑顔


あげれるものはこのぐらいかな・・・。一方で、ビジネスは常に戦場にいるようなもの。厳しい戦いをしているので、オフには笑顔に温かい心を感じて、オアシスのように癒されたい。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


幅広い人脈

managerとしての素養


様々な師・先輩・友人と出会えた事こそ、最大の財産だと思う。いろんな人に出会えて、自分を磨くことができた。これからの10年は、この財産を活かして、managerとして企業や社会を動かせる人になりたい。「改革」を唱えるは易し、行うは難し。知性と決断力・行動力のあるリーダーを目指す。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


世界経済

日本政治


やはり仕事が生活の中心となっている以上、世界経済の情勢は、今日・明日の現実に直結する問題として関心が高く、自分もその中に生きている。一方で、経済と政治は密接にリンクしている。よりよい日本を創造するために日本政治の変革のという崇高な理想も持ち続けており、置かれた立場で最善を尽くしたい。将来を夢みて現状の発展を怠るなかれということ。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


慶應義塾

長州藩


僕の心の中にある生き方は、報恩。これを支えるのは、2人の先生に学んだ「維新」と「独立自尊」の精神。山口で育ててもらった15年間は吉田松陰先生に、慶應義塾の門を叩いて福澤諭吉先生に学んだ。この2つの精神で、世界に広く貢献せんことこそが我が使命。至誠にして動かざるものは、未だこれあらざるなり。