蓮見 裕介

蓮見 裕介
金融/保険|企画
慶應義塾大学 法学部 法律学科 2003年 卒業

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


太陽電池で動く壊れない時計

無人島でしか経験できないことをたくさん


自分は無人島に行ったら毎日を惰性で過ごしてしまいそうなので、某メーカーの腕時計のように太陽電池で動く壊れない時計を持参し、いつまでにどんなことをしたいか自分の目標を立てたい。無人島ではいいことも悪いことも含めてそこでしか経験できないことを沢山経験したい。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


無償の愛情

pricelessな笑顔


自分としては大切な人に無償の愛情をもって接することに喜びを感じるため。もし自分の愛情に対して相手が最高の笑顔を見せてくれたら、かなりテンションがあがると思うのでしてもらえたら嬉しい。自分にとって笑顔は最高にイイ表情だと思うから。それって結局無償じゃない・・・かも。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


負の感情の由来を知ったこと

チャレンジし続けること


過去10年の成果は、怒りや憎しみや妬みや悲しみといった負の感情は自分への自身のなさにより引き起こされる感情であることを知ったこと。自分がここ数年の間に学び、実際に自分の今までのコンプレックスと真正面からぶつかることにより自信を持つことが重要だと実感したため。
10年後はまだ34歳なので、守りに入らずどんどんチャレンジし続けて自分の幅を広げていきたい。また、周りの人を幸せにできる力を持ちたい。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


自分の現実(今の自分)

自分の理想(将来の自分)


どうしても右の皿が下がっている。例えば仕事をするにしても自分の理想として考えているレベルには達しておらず、また右の皿はどんどん重たくなっていくので左の皿に上積みし続けることで将来的には水平に釣り合うことを目指す。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


ヒーロー(正)

悪役(負)


正と負は表裏一体で合計値は不変。失敗(負)に対して、それを乗り越えるためにする努力や結果が正(時には負のまま)。社会的にも戦争という負に対して平和という正が存在する。ただ、創られた平和を維持するための戦争も多々存在し、本質的にどちらが正か微妙なことも多い。