守屋 美夏子

守屋 美夏子
団体(政府/自治体など)|ボランティア(青少年活動)
JICA青年海外協力隊
慶應義塾大学 商学部 2002年 卒業

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


無線

一緒に暮らした小動物


必ず一人ではやっていけないときが来る。そのときに、誰かと情報交換をするための道具として、また助けを呼ぶ手段として無線があれば心強いと思うから。そして、私は一人では淋しいから、島の小動物を友達にすると思う。その中で最も家族のように親しくなった小動物を連れて帰りたい。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


指輪

一厘のバラ(毎日)


いつもあなたの傍にいるということの証に、常に身につけていられる、そして特別な意味をもった指輪を贈りたい。また、毎日新鮮な気持ちで、一厘のバラを贈ってもらいたい。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


今、エジプトでストリートチルドレンの保護施設で働いているということ

新しい家族を創ること


10年前に描いた夢が、今まさに動き始めている。そう意味で、今、私がここにあることが過去10年の成果だと思う。そして、新しい10年は、この分野でのキャリアを展開させながら、同時に、自分の家族も創っていきたい。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


緊張感

安らぎ


日々仕事ではそれなりの緊張感をもってやっている。アラビア語や英語で、官民かかわらず色々な人たちと交渉したり、組織内のスタッフたちに適当な指示をだしたり、フォローアップしたり・・ある種の成果を目指して走っている限り、日々適度な緊張感がある。しかし、心身のバランスをとるために、意識的に安らぎを得ることも大切にしている。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more



私の人生の原動力となっているのは、夢と愛だと思う。夢があるから、前に進もうと思うのだし、愛があるから、つらくてもあきらめないで頑張ろうと思えるのだと思う。