冨田 穰治

冨田 穰治
学生
慶應義塾大学 大学院 法務研究科 在籍
慶應義塾大学 法学部 法律学科 2006年 卒業

最終更新:2006/04/04


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


西脇順三郎の詩集

珍しい植物の種子


持っていくもの:人はパンのみにて生きるにあらず。 
持って帰るもの:慶應義塾に寄付して、研究に役立ててもらいたい。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


これから探していく

作品の主題


あげたいもの:生涯をかけて見つけていくものだと思う。 
もらいたいもの:文学・絵画・彫刻・音楽などジャンルを問わず、作品を献呈してもらえたらうれしい。作品そのものよりも、作品の主題や精神そのものを。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


自分を支えてくれる友人たちや先生方にめぐりあえたこと

社会との関わりかた


過去10年の成果:生涯の財産になると思う。
これから10年の成果:これからの人生の基盤を作っていきたい。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


共感できる感性

客観的な知識


感性がなければ本質を見失うし、知識がなければ独善的になる。両方のバランスをとりながら、生きていきたい。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


好奇心

想像力


好奇心と想像力があれば、世界はもっと広がり、毎日はもっと楽しくなる。