鹿島 梓

鹿島 梓
広告/出版|営業
(株)リクルート
慶應義塾大学 法学部 法律学科 2003年 卒業

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


つりざお

たくましくなった(であろう)精神


持って行くものは、魚のたんぱく質があれば健康上問題もなく生き延びられそうだから。持って帰るものは、頼るものが正真正銘何もない状態で生き延びることで、自分自身がものすごく鍛えられると思うから。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


その人のための時間

一緒に生きていく人生


お互いを尊重できる関係を持てる人なら、一緒に楽しい人生を送りたいと思うから。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


親の愛情

自分自身への信頼


過去については、物心ついた後の「自我」がある状態での自分とうまくつきあってくれた親が一番の宝物だと思うから。将来については、本当の意味でひとりで生きていくことで得られる自信を身につけたいから。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


プライベート

仕事


直感でそう思った。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


天職

パートナー


大切だと思うもの2つ。まず、自分の人生を語る上で仕事は切り離せないものだと思う。いろいろ経験するうちに「自分に本当に合った仕事」の大切さを知るようになった。そして自分を分かってくれる、帰れる場所も私には必要不可欠なもの。この2つが折り重なって自分の人生に深みをくれると信じている。