松林 綾子

松林 綾子
学生
慶應義塾大学 法学部 法律学科 在籍

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


パソコン

無人島で鍛えた体


もって行くものは、無人島に行っている間、家族や友人に心配をかけたくないので、通信する手段としてパソコンが欲しい。もって帰るものは、今自分に欠けているものの一つは体力だと思うので、無人島に行った機会に体を鍛えたいから。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


幸せ

特になし。生きていてくれればいいです


あげたいものは大切な人にはやっぱり幸せになって欲しいと思うし、それが自分の手で達成できるものならば、提供したい。もらいたいものは、特になしです。大切な人が存在してくれているだけで、自分にとっては大きな支えになるから。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


チャレンジ精神

ちょっとやそっとじゃへこたれない精神力


過去10年の成果は、たくさんのことにチャレンジして、いい経験をしたことによって、やる前から諦めるということがあまりなくなったから。これから10年の成果は、チャレンジしてきたことを全部、最後までやりとおせたわけではなく、途中で挫折してしまったことも何度かあったので、最後まで頑張りとおせる精神力が欲しいと思う。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


日々の生活の中でやらなくてはいけないことに費やす時間

趣味や、遊びなど、自分のやりたいことに費やす時間


やりたいことを我慢できない性格なので、趣味や遊びに時間を費やしすぎる癖があるけれど、それでは堕落した生活になってしまうので、やらなければならないことに費やす時間とのバランスをとるように気をつけている。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


女性であっても男の人と同じように働くこと。

結婚していい家庭を築くこと。


両方とも、幼い頃からの夢。両立はできないようにも思われるけれど、自分は人生の中で両方の夢をかなえて行きたいと考えている。