今村 哲

今村 哲
情報通信|企画
(株)イグジスト・インタラクティブ
慶應義塾大学 理工学部 数理科学科 2000年 卒業

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


家族の写真

無人島の砂浜にある石


これまでの人生で一番大切にするものは家族だと思っています。無人島に行っても、家族のことは思い出していたいから家族の写真は持っていこうと思います。帰るときは、「自分がこんなところにいたんだよ・・・」って言えるものを記念に持って帰りたいと思ったので、象徴的な石にしてみました。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


絶対的な愛情

尊敬と愛情


一番大切な人はこれから産まれてくる子供と奥さんです。子供と奥さんには、自分の親がしてくれたように愛情を注いであげたいものです。たぶん子供も奥さんも同じように思ってくれると思います。だからあげたいものも愛情になるし、もらいたいものも愛情になります。夫またはお父さんとしてちょっとだけ尊敬されたいという気持ちもありますが・・・。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


家族(奥さんも子供も)

家族と一緒にいる十分長い時間


この10年間は自分のためにがむしゃらやってきたところもあります。しかし、気が付いたら結婚し、もう少しでパパになるわけです。このギャップは大きいなって思うと、家族は一番大きな成果だったわけです。次はその家族と一緒にいて、子供が大きくなっていくことと奥さんといい人生を送ることが重要になるんです。だから、いっしょにいる時間をできるだけ長く取ることがこれからの成果なんです。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


プライベート(特に家族と過ごす時間)

仕事


自分が抱えている環境の中で常につりあいを保っていなければならないものをイメージするとプライベート(特に家族と過ごす時間)と仕事でした。これまでは「仕事虫」だったのですが、いざ自分の家族ができると「今度は子供と一緒にいろんなところに行きたいな・・・」と思ったりするようになりました。プライベートも仕事も大事なんです。だからバランスよく保っていこうって思ったのです。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


家族と過ごす今の時間

自分の将来


1日は24時間しかありません。人生もいつまでかわかりませんが有限です。この2つの焦点はこれからしっかり見据えていかなければならない、自分の中でどちらも譲ることができない大切なものです。奥さんのおなかが大きくなり、子供が産まれる瞬間も、日常の何気ない家族の光景も僕には大事に感じます。もちろん、今だけでは生きていけない性分なので、次のわくわくをいつも探しています。だから将来も大事なことなのです。