下川 卓郎

下川 卓郎
学生
慶應義塾大学 法学部 法律学科 在籍

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


未使用の日記帳セット

無人島生活を記した後の日記帳


ノンフィクションの無人島日記を売り込んで、書籍化、映画化してもらい、キャストアウェイ以上の興業収益をあげたい。食料は何とか自然の中から調達するので、たぶん生きていけるはず・・。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


信頼

信頼


一番大切な人とは、お互い裏切ることがなく信頼しあえる関係になりたいから。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


友達

経験


過去10年では、友達と切磋琢磨できる環境が自分を作り上げてき
た。これからは、自分で自分を作り上げていかなければいけない。その
ためには様々ことを経験することが必要だと思った。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


自分の幸せ

今の家族、将来の家族の幸せ


自分と家族のどちらも幸せになるために日々励んでいます。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


理想

現実


楕円上の点をPとすると、APが長いときはBPが短くなる。逆にAPが短いとBPが長くなる。APの長さは理想を追うこと、BPの長さは現実を見ること、を表してるように思う。すなわち、理想が大きい時は現実を見逃しがちで、現実ばかり見ていると理想を忘れがち。若いときはAP(理想)のほうが長いんだろうな。