坂寄 圭

坂寄 圭
公認会計士|専門職(医師、弁護士等)
あずさ監査法人
慶應義塾大学 総合政策学部 総合政策学科 2001年 卒業

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


サバイバル方法が書いてある本

帰る場所にはない新しくかつ役立つもの。


無人島生活にはやはり不安があるし、何も知らないので指針がほしい。本が好きだし、網羅的に書いてありそうなので、本をもっていく。 持ち帰るものは、帰った場所で誰も知らないが価値があるもの。それを広まらせたし、お金も稼げたらいいな、と思う。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


相手にとっての幸せな時間

自分が安らげる時間


あげたいものは、その人がほしがっているもの。物なら聞くし、ものなら感じたい。一番大切な人からもらうものは物でなくていいかな。物であれば、やはり作ってもらったものはうれしい。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


自分を客観的に捉えられる力

やりたいことを実行する力


過去10年間は、高校、大学、会社を通じ色々な人と知り合い、自分というものがだいぶ分かった気がする。人とのかかわりを通して社会性を身につけられたと同時に自分を少しでも客観的に捉えることができるようになった。これからの10年は、その自分の理解を基礎に、自分のやりたいことを探し、それを実行したい。10年後には、今の人生は楽しく満足と心から言っていたい。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


仕事。

将来への目標・希望。


自分の生活においてバランスしているものと考えると、やはり仕事の比重は大きい。毎日の生活の大部分を占めているので。 仕事を支えている(モチベーションとなっている)のは、将来の目標・希望(仕事に限らず生活も含めて)なので、もう一つの皿はこれ。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


自分。

自分と取り巻く人達。


一つは自分だと感じた。自分の人生は、自分の考え・判断を基にして動いている。自分を補完して足して一定となるものは、自分の周りの人達。何事も一人ではできず、色々支えられたり、助けられたりして人生を生きていることを感じる。