真鍋 秀一

真鍋 秀一
学生
慶應義塾大学 法学部 政治学科 在籍

最終更新:2005/10/28


↑画像にマウスを合わせると、質問が表示されます。



Q.1

ひとりで無人島で暮らさなくてはならなくなりました。
ひとつだけ何かを持って行けるとしたら、何を持って行きますか? また、帰るときに持って帰りたいものは何ですか?


カメラ

無人島で得た経験


カメラで無人島での生活を記録として残したいから。持って帰る経験は無人島と言う特殊な状況下のものであり、通常では経験できないものであるので、自分にとってプラスになるものだと思うから。

Q.2

一番大切な人にあげたいものは何ですか? また、一番大切な人からもらいたいものは何ですか?


相手が持っていない価値観・考え方

自分が持っていない価値観・考え方


自分が持っていない考え方を理解することはが人間性を高めると思う。また一番大切な人とは相互補完関係でありたい。そういう意味で一番大切な人からは自分が持っていない価値観をもらい、同時に自分が逆に与えることで自分の人間性を高めるとともに、相互に補完しえる関係になりたい。

Q.3

過去10年間で得たものの中で、一番の成果は何ですか? また、これからの10年で、一番得たいものは何ですか?


今在る自分自身

出来る限りの多種多様な経験値


今在る自分というものは過去の自分の積み重ねであるため、過去10年の一番の成果は今ある自分自身だと思う。またこれからの10年は出来る限り多く様々なことを経験しすることで、自分の糧としていきたい。

Q.4

あなたの毎日の生活をてんびんにたとえると、左右の皿に載っているのはそれぞれ何でしょうか?


三田祭実行委員会の活動

友人との交流


委員会の仕事と遊びが今の生活。遊ぶときは遊ぶ一方で、仕事をするときはしっかりやる。そういった生活をしているため。

Q.5

人生を楕円にたとえると、そこには2つの焦点があります。あなたにとって、2つの焦点とは?

ある2点からの距離の和が一定である点の集合から作られる曲線が楕円です。more


家族

友人


今まで家族と友人なくして生きては来れなかった。そしてそれは今後の人生でも変わることはないと思う。