トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > 復活!慶應義塾の名講義 > vol.2 白石孝 名誉教授

復活!慶應義塾の名講義

白石孝 名誉教授

復活!慶應義塾の名講義 vol.2

「世界経済の潮流と日本」 
白石孝 名誉教授 (商学部)

2005年12月3日(土)

三田キャンパス西校舎526番教室

12月3日(土)、三田キャンパス西校舎526番教室において、「世界経済の潮流と日本」というタイトルで、白石孝名誉教授による創立150年記念講義が行われました。

情報化の進展と貿易・投資の相互拡大によりますます相互依存を深め、地域の協調と対立の構図も大きく変わりつつある世界経済の流れを展望し、この中における日本のこれからの課題についてご講義いただきました。
当日は約90名の方が参加され、名誉教授の久しぶりに行われた講義に、熱心に耳を傾けられていました。

講義風景

白石 孝(しらいし たかし)

略歴

1921年11月生まれ
1943年 慶應義塾大学経済学部卒業
1949年 経済学部助教授を経て、1958年 商学部教授に就任(1984年まで)
ハーバード大学経営大学院留学、1960年 経済学博士
1964年 志木高等学校長(1965年まで)
1965年 常任理事(1967年まで)
1975年 商学部長(1977年まで)
1987年 名誉教授
1965年 オーストラリア New South Wales大学名誉客員教授
1967年 杏林大学社会学科学部長、杏林学園理事(現在は同大学名誉教授)
1986年 日本経済学会連合理事長(現在は同連合顧問)

主要著書

「戦後日本通商政策史」、Japan Trade Policies(London)、「日本貿易会30年史」、通産省40周年記念「通商産業政策史第九巻」、「新時代のアジア経済と日本」、「グローバリズムとリージョナリズム」、「日本橋堀留東京織物問屋史考」、論文「明治期のモスリン産業」、論文「時代と商人の経営史」、「江戸・明治・大正史−日本橋界隈の問屋と街」、「日本橋街並み商業史」、「明治の東京商人群像」、月刊「日本橋」連載、「日本橋街並み繁昌史」、「看板娘恋心」

【復活!慶應義塾の名講義】とは

創立150年記念の一環として、慶應義塾の発展に多大な貢献をされた教員の方に、慶應義塾があらためて感謝し、その意を表すために実施されるものです。 この講義に、その教員にかかわる塾員の方々(ゼミ・研究室OB・OGなど)や一般の方にご参加いただくことで、キャンパスに回帰していただき、慶應義塾の現状を体感していただいています。

募集

現在、この企画でご講義いただける退任された教員の方を募集しています。 ご賛同いただけるゼミ・研究室OB・OGの方、また、ご推薦いただける方がいらっしゃいましたら、創立150年記念事業室までご連絡ください。

連絡先

慶應義塾 創立150年記念事業室
E-mail: info@keio150.jp
Tel.03-5427-0150
Fax.03-5427-1130