トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 > 創立150年記念国際ワークショップ “Light Path to India”: 科学技術研究における超高速ネットワークの役割及び、衛星インターネット基盤を使用した遠隔教育に関する国際ワークショップ

イベント報告

創立150年記念国際ワークショップ

“Light Path to India”:
科学技術研究における超高速ネットワークの役割及び、衛星インターネット基盤を使用した遠隔教育に関する国際ワークショップ

2007年5月25日(金)

Indian Council of Agricultural Research(ICAR) Conference Facilities, National Agriculture Science Centre Complex New Delhi, India

主催 インド政府、慶應義塾

5月25日に、インド科学産業研究所、慶應義塾共催による「Light Path to India(インドへの光の道)」がインド・ニューデリーにおいて開催されました。

インドと日本の高度先端科学共同研究の推進とそれを支える超高速ネットワークの整備にむけた議論を目的に開催され、インド政府カピル・シバル科学技術大臣及び常任理事・環境情報学部村井純教授が基調講演を行いました。

また、在インド日本国大使館植澤利次公使、VSNL社戦略部長スリニヴァサ・アデパリ氏、インド工科大学コンピューターサイエンス&エンジニアリング学部アニルバン・マハンティ准教授、サーフネット代表キース・ネガー氏、慶應義塾グローバル・セキュリティ研究所アフターブ・セット教授らが、それぞれの立場で、世界、アジアの先端的国際研究協力における、超高速インターネット及びそれらの日印関係における重要性と可能性について議論しました。

午後には、SOI(School on Internet)Asiaを中心とした遠隔教育のセッションが並行して開催され、インディラ・ガンディ国立オープン・ ユニヴァシティらが参加して、協力の可能性について活発に話し合いました。

慶應義塾創立150年記念イベントとして開催された本ワークショップには、インド科学産業研究所、国立航空研究所、先端材料・処理研究所、在インド日本企業等から約60名が参加し、協力可能性に関する建設的、率直な意見交換が行われ、日印間の先端研究協力推進に大きな一歩となりました。

右からシバル科学技術大臣、在インド日本大使館植澤公使、慶應義塾村井常任理事、アデバリVSNL戦略部長 右からラマサミCSIR代表、村井常任理事、ネガーSurfnet代表
▲右からシバル科学技術大臣、在インド日本大使館植澤公使、慶應義塾村井常任理事、アデバリVSNL戦略部長 ▲右からラマサミ科学技術省次官、村井常任理事、ネガーSurfnet代表
講演中の慶應義塾セット教授 司会のCSIRクマール博士
▲講演中の慶應義塾セット教授 ▲司会のCSIRクマール博士

プログラム

総合司会 インド科学産業研究所、研究開発計画責任者 ナレシュ・クマール博士
09:00 - 10:30 Session 1: オープニング
開会の辞 科学技術省次官 T.ラマサミ氏
歓迎の辞 インド科学技術大臣 カピル・シバル氏
ご挨拶 在インド日本国大使館 植澤利次公使
「日印協力の現状について」 アフターブ・セット教授
基調講演 慶應義塾大学常任理事、WIDEプロジェクト代表 村井純教授
基調講演 VSNL社戦略部長 スリニヴァサ・アデパリ氏
「SOI プロジェクトについて」 慶應義塾大学 大川恵子教授
10:35 - 11:00 休憩
11:00 - 12:30 Session 2: 科学技術研究における超高速ネットワークの役割
「インドへの超高速光ネットワーク」 村井純教授
「欧州の科学技術研究におけるネットワークと、インドを視野に入れた光高速ネットワー クについて」 SURFnet 代表 キース・ネッガース氏
「VSNL 社の科学技術研究におけるネットワークへの取り組みについて」 VSNL社戦略部長 スリニヴァサ・アデパリ氏
「IITの科学技術研究におけるネットワークへの取り組みについて」 インド工科大学 コンピューターサイエンス&エンジニアリング学部 アニルバン・マハンティ准教授
12:30 - 14:00 昼食
14:00 - 15:30 Session 3: パラレルワークショップ
科学技術研究における超高速ネットワークの役割グループ
技術ディスカッション議長:村井純教授
衛星インターネット基盤を使った遠隔教育グループ
「インディラガンジー国立公開大学における遠隔教育について」 カンジラル教授
「慶應義塾大学グローバルキャンパスとSOI Asia について」 大川恵子教授
ディスカッション
15:35 - 16:00 休憩
16:00 - 17:00 Session 4: 全体会
科学技術研究における超高速ネットワークの役割グループからの報告
衛星インターネット基盤を使った遠隔教育グループからの報告
閉会の辞