トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > 復活!慶應義塾の名講義 > vol.17 栗林忠男 名誉教授

復活!慶應義塾の名講義

栗林忠男 名誉教授

復活!慶應義塾の名講義 vol.17

「海洋基本法の成立とその課題」
栗林忠男 名誉教授 (法学部)

2007年11月10日(土) 15時00分〜16時30分

慶應義塾大学 三田キャンパス 西校舎528番教室


主催 慶應義塾創立150年記念事業室
※栗林研究会OB・OGおよびご関係者の皆様にご協力いただきました。

11月10日(土)、三田キャンパス西校舎528番教室において、「海洋基本法の成立とその課題」 というタイトルで、栗林忠男名誉教授による創立150年記念講義が行われました。
当日は約100名の方が参加され、栗林名誉教授の久しぶりに行われた講義に熱心に耳を傾けられていました。

 講義風景 栗林忠男名誉教授

栗林 忠男(くりばやし ただお)

略歴

1937年 東京生まれ
1959年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1966年 オーストラリア国立大学大学院博士課程終了 法学博士
1968年 慶應義塾大学法学部専任講師、助教授を経て、1977年教授
1980年 慶應義塾大学学生部長
1993年 慶應義塾常任理事
1999年 慶應義塾大学法学部長
2002年 名誉教授
2002年 東洋英和女学院大学教授(2007年まで)

外務省アジア・アフリカ法律諮問委員会日本代表顧問、国連宇宙空間平和利用委員会日本代表顧問、世界法学会理事長、日本学術会議会員

主要著作

“The Basic Structure of Australian Air Law”、『航空犯罪と国際法』、『注解国連海洋法条約(下巻)』、『現代国際法』、共編『海洋法の歴史的展開』、共著『海の国際秩序と海洋政策』、共編『海洋法の主要事例とその影響』、その他多数。

【復活!慶應義塾の名講義】とは

創立150年記念の一環として、慶應義塾の発展に多大な貢献をされた教員の方に、慶應義塾があらためて感謝し、その意を表すために実施されるものです。 この講義に、その教員にかかわる塾員の方々(ゼミ・研究室OB・OGなど)や一般の方にご参加いただくことで、キャンパスに回帰していただき、慶應義塾の現状を体感していただいています。

募集

現在、この企画でご講義いただける退任された教員の方を募集しています。 ご賛同いただけるゼミ・研究室OB・OGの方、また、ご推薦いただける方がいらっしゃいましたら、創立150年記念事業室までご連絡ください。

連絡先

慶應義塾 創立150年記念事業室
E-mail: info@keio150.jp
Tel:03-5427-0150 Fax:03-5427-1130