トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 > 日本オランダ年 2008-2009 「国際平和協力セミナー 〜防衛・外交関係・発展の相補性〜」

イベント報告

日本オランダ年 2008-2009
慶應義塾・駐日オランダ大使館共催

「国際平和協力セミナー
〜防衛・外交・開発の相補性〜」

2008年6月12日(木)
14:00〜14:40 公開セッション・基調講演
14:40〜17:30 パネルディスカッション

慶應義塾大学 三田キャンパス
東館6階G-SEC Lab


参加 入場無料、一般公開。 事前申込みが必要です。
言語 英・日同時通訳あり
主催 慶應義塾・駐日オランダ大使館
日本オランダ年2008−2009

慶應義塾と駐日オランダ大使館の共催による国際シンポジウムを慶應義塾大学三田キャンパスで開催します。国際平和協力活動の最前線で活躍される方々をパネリストとしてお招きし、国際平和協力を特に安全保障と開発の関係に着目して検討するパネルディスカッションを開催いたしました。

このシンポジウムは、慶應義塾創立150年と日本オランダ年2008−2009を記念し、開催致しました。

セミナープログラム

14:00−14:05 開会の辞:慶應義塾長 安西祐一郎
14:05−14:40 基調講演
ヨリス・フォールフーヴェ氏
明石 康氏
14:45−16:00 政策課題に関するパネルディスカッション
慶應義塾大学法学部細谷雄一教授(国際政治学)の司会のもと、国際平和協力における政策課題について、日本とオランダの政府高官によるディベートを行います。より効果的な国際平和協力のための防衛、外交、開発の相互補完性に焦点を当てます。日本からは、基調講演を行う明石康氏などが参加し、オランダからは、基調講演者や安全保障局長などが参加する予定です。セミナー参加者もディベートにご参加いただけます。
16:00−16:15 休憩
16:15−17:30 平和構築の実体験に関するパネルディスカッション
慶應義塾大学法学部田所昌幸教授(国際政治学)の司会進行により、過去に行われた平和構築を現場での体験に基づいて討議します。平和構築に実際に係わったオランダと日本の政府関係者が、紛争地域および紛争終結地域における実体験や教訓などについて共有します。イラクとアフガニスタンにおける民間と軍部それぞれの経験を取り上げ、平和構築のための開発と防衛の両面に焦点を当てます。
17:30 閉会