トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 > 東横線沿線の活性化に向けて 東横線「鉄道とまちづくり」シンポジウム

イベント報告

慶應義塾創立150年記念・東横線開通80周年記念・目黒線日吉駅延伸記念

東横線沿線の活性化に向けて 東横線「鉄道とまちづくり」シンポジウム

2008年7月9日(水) 17:30〜20:00(17:00受付開始)

慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎シンポジウムスペース
東急東横線・目黒線(6月22日延伸) 横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅 徒歩1分

定員 100名(先着順/入場無料 ※当日会場にお越し下さい)
主催 東横線80周年記念イベント実行委員会
共催 慶應義塾

東横線開通80周年を契機として、これまでの鉄道と沿線の発展、進化の過程を振り返りつつ、今後の東横線沿線地域における地域と鉄道その他多様な主体(大学・NPOなど)の連携による、更なる活性化へ向けたまちづくりやエリアマネジメントなどの活動のあり方に関する意見交換を行いました。

内容

■基調講演 「沿線型エリアマネジメントの可能性について」
   藤井 聡 ( 東京工業大学大学院理工学研究科教授)
■東横線80周年記念イベント・一年間の活動報告
■パネルディスカッション テーマ「東横線沿線の活性化に向けて」
  コーディネーター:
牛島 利明 (慶應義塾大学商学部教授)
パネリスト:
野田 由美子 ( 横浜市副市長)
泉 麻人 (コラムニスト)
岡田 一弥 (自由が丘商店街振興組合副理事長)
竹井 斎 (中原区まちづくり推進委員会委員長)
工藤 教和 (慶應義塾常任理事)
大井 明 (東京急行電鉄且謦役鉄道事業本部長)