トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > 復活!慶應義塾の名講義 > vol.19 藤森三男 名誉教授

復活!慶應義塾の名講義

神谷不二 名誉教授

復活!慶應義塾の名講義 vol.19

「経営学者が見たこの国の来し方、行く末」
藤森三男 名誉教授 (商学部)

2008年7月19日(土) 15:00〜16:30

慶應義塾大学 三田キャンパス 西校舎517番教室


主催 慶應義塾創立150年記念事業室
※藤森研究会三田会およびご関係者の皆様にご協力いただいています。


▲講義の様子、メッセージをご覧いただけます。

7月19日(土)、三田キャンパス西校舎517番教室において、「経営学者が見たこの国の来し方、行く末」というタイトルで、藤森三男名誉教授による創立150年記念講義が行われました。
当日は約200名の方が参加され、藤森名誉教授の久しぶりに行われた講義に熱心に耳を傾けられていました。


 講義風景 藤森三男名誉教授 講義風景

藤森 三男 (ふじもり みつお)

略歴

1934年 長野県諏訪市に生まれる
1960年 慶應義塾大学経済学部卒業
1965年 慶應義塾大学助手(商学部)
1971年〜1973年 UCLA School of Management 客員研究員
1972年 慶應義塾大学助教授(商学部)
1980年 慶應義塾大学教授(商学部)(2000年まで)
1982年〜1983年 University of New South Wales, Faculty of Commerce 交換教授
1990年 University of Minnesota, School of Management 交換教授
2000年 慶應義塾大学名誉教授(現在に至る)
2000年 立正大学経営学部教授 (2005年まで)

主要著作

『経営分析論』、『定性要因による経営分析』、『オーストラリアの企業環境と経営』、『ハイブリッド・キャピタリズム』、『儒教資本主義の運命と代案』、ほか多数

【復活!慶應義塾の名講義】とは

創立150年記念の一環として、慶應義塾の発展に多大な貢献をされた教員の方に、慶應義塾があらためて感謝し、その意を表すために実施されるものです。
この講義に、その教員にかかわる塾員の方々(ゼミ・研究室OB・OGなど)や一般の方にご参加いただくことで、キャンパスに回帰していただき、慶應義塾の現状を体感していただいています。

募集

現在、この企画でご講義いただける退任された教員の方を募集しています。 ご賛同いただけるゼミ・研究室OB・OGの方、また、ご推薦いただける方がいらっしゃいましたら、創立150年記念事業室までご連絡ください。

連絡先

慶應義塾 創立150年記念事業室
E-mail: info@keio150.jp
Tel:03-5427-0150 Fax:03-5427-1130