トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 > シンポジウム「変わるアメリカ、変わらぬアメリカ―世界とアメリカ」

イベント報告

シンポジウム「変わるアメリカ、変わらぬアメリカ―世界とアメリカ」

サントリー文化財団「社会と思想に関する特別研究助成」成果発表

シンポジウム「変わるアメリカ、変わらぬアメリカ―世界とアメリカ」
The symposium “Continuity and Change in America”

2008年10月20日(月)
13:30〜17:30

大阪大学中之島センター
10階 「佐治敬三メモリアルホール」
大阪市北区中之島4-3-53


参加方法 どなたでもご参加いただけます。入場無料。
主催 文明論としてのアメリカ研究会
共催 慶應義塾大学(慶應義塾創立150年記念)
国立大学法人大阪大学(21世紀懐徳堂)
財団法人サントリー文化財団
後援 読売新聞社、中央公論新社
協賛 サントリー株式会社

「文明論としてのアメリカ研究会」では、2006年から2008年にかけて、これまでのアメリカン・スタディーズの枠を超えて、歴史、文化、宗教、憲法、政治、経済、安全保障など各方面から、改めてアメリカという文明について考え、議論し、思索してきました。
本研究会の成果発表として、「変わるアメリカ、変わらぬアメリカ」をテーマに、シンポジウムを開催します。日本にとってアメリカとは何か。世界にとってアメリカとは何か。そして、将来100年のスパンで見た場合、我々にとってアメリカはどういう意味を持つのか。本シンポジウムで、今後の日米関係の発展に資する、思想的・学問的・実務的な知的インフラを構築したいと考えます。

【開催予告】
2008年12月5日(金)、慶應義塾大学(東京・三田キャンパス)においてもシンポジウムを開催します。詳細は後日、WEBサイトなどでお知らせします。

ブログラム

13:35〜 趣旨説明
文明論としてのアメリカ研究会代表 阿川尚之氏(慶應義塾大学教授)
14:00〜 基調講演
白石 隆氏(政策研究大学院大学副学長)
「アジアの中のアメリカ」
谷内正太郎氏(外務省顧問、前外務事務次官)
「日本の外交戦略から見たアメリカ」
15:50〜 パネルディスカッション
池内 恵氏(東京大学先端科学技術研究センター准教授)
ロバート・D・エルドリッヂ氏(大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授)
細谷雄一氏(慶應義塾大学法学部准教授、プリンストン大学客員研究員)
松田 誠氏(外務省大臣官房人事課企画官)
コーディネーター:待鳥聡史氏(京都大学大学院法学研究科教授)

プロフィール

阿川尚之氏 (慶應義塾大学総合政策学部教授、文明論としてのアメリカ研究会代表)
1951年生まれ。ソニー株式会社勤務、米国及び日本での弁護士事務所勤務などを経て、99年より現職。専門は米国憲法史、日米関係史。2002年から2005年まで在アメリカ日本大使館の広報文化担当公使を務めた。『海の友情』、『憲法で読むアメリカ史』(吉野作造賞受賞)など著書多数。

白石 隆氏 (政策研究大学院大学副学長、アジア経済研究所所長)
1950年生まれ。コーネル大学アジア研究学科・歴史学科教授、京都大学東南アジア研究センター教授などを経て、現職。専門は、インドネシア政治を中心とした東南アジア地域研究。『インドネシア』(サントリー学芸賞受賞)、『海の帝国 −アジアをどう考えるか』(吉野作造賞)など著書多数。

谷内正太郎氏 (外務省顧問、早稲田大学客員教授、前外務事務次官)
1944年生まれ。在アメリカ日本大使館参事官、在ロス・アンジェルス日本領事館総領事、外務省条約局長、内閣官房副長官補などを経て2005年外務事務次官、2008年退官。事務次官として3年の任期を務め、「凛とした志の高い外交」を目指し、価値観外交、対北朝鮮政策における「対話と圧力」の基本方針などを策定し実行。

池内 恵氏 (東京大学先端科学技術研究センター准教授)
1973年生まれ。日本貿易振興会アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、現職。専門は、社会思想を中心としたアラブ研究。著書に、『現代アラブの社会思想』(大佛次郎論壇賞)、『アラブ政治の今を読む』などがある。

ロバート・D・エルドリッヂ氏 (大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授)
1968年生まれ。平和・安全保障研究所研究員などを経て、現職。専門は日本政治外交史、日米関係論。著書に『沖縄問題の起源』(アジア・太平洋賞、サントリー学芸賞)、『硫黄島と小笠原をめぐる日米関係』などがある。

細谷雄一氏 (慶應義塾大学法学部准教授、プリンストン大学客員研究員)
1971年生まれ。北海道大学法学部専任講師、敬愛大学国際学部専任講師などを経て現職。専門は国際政治学・外交史。著書に『戦後国際秩序とイギリス外交』(サントリー学芸賞)、『外交による平和』、『大英帝国の外交官』などがある。

松田 誠氏 (外務省大臣官房人事課企画官)
1965年生まれ。京都大学原子核工学科卒業、同大学経済学部経済学科卒業後、外務省入省。1993年オックスフォード大学卒業(哲学及び政治学専攻)。在アメリカ日本大使館勤務などを経て現職。

待鳥 聡史氏 (京都大学大学院法学研究科教授)
1971年生まれ。大阪大学大学院法学研究科助教授、京都大学大学院法学研究科助教授を経て、現職。専門は、比較政治・アメリカ政治。著書に『財政再建と民主主義』(アメリカ学会清水博賞)、『日本の地方政治』(共著)、『比較政治制度論』(共著)がある。