トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 > シンポジウム「変わるアメリカ、変わらぬアメリカ―大統領選挙後のアメリカ」

イベント報告

シンポジウム「変わるアメリカ、変わらぬアメリカ―世界とアメリカ」

サントリー文化財団「社会と思想に関する特別研究助成」成果発表

シンポジウム「変わるアメリカ、変わらぬアメリカ―大統領選挙後のアメリカ」
The symposium “Continuity and Change in America”

2008年12月5日(金)
13:00〜17:30

慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール


参加方法 どなたでもご参加いただけます。入場無料。
事前申込が必要です。下記申込フォームからお申込ください。
(応募者多数の場合、抽選となります)
主催 文明論としてのアメリカ研究会
共催 慶應義塾大学(慶應義塾創立150年記念)
国立大学法人大阪大学(21世紀懐徳堂)
財団法人サントリー文化財団
後援 読売新聞社、中央公論新社
協賛 サントリー株式会社
お問い合わせ 慶應義塾 創立150年記念事業室 E-mail: info@keio150.jp

2006年から2008年までの「文明論としてのアメリカ研究会」成果発表としてシンポジウムを開催しました。元アメリカ国務副長官のリチャード・アーミテージ氏はじめ、第一線で活躍されている方々をお招きし、アメリカについて様々な視点でお話いただきました。

シンポジウムの模様は、こちらをご覧ください。
サントリー文化財団「社会と思想に関する特別研究助成」成果発表 シンポジウム「変わるアメリカ、変わらぬアメリカ―大統領選挙後のアメリカ」開催

ブログラム

13:00〜 基調講演
リチャード・アーミテージ氏 (アーミテージ・インターナショナル代表、元アメリカ国務副長官)
「U.S.'s Role in the World」(世界における米国の役割) −同時通訳付−
北岡伸一氏 (東京大学教授、元特命全権大使・日本政府国連代表部次席代表)
「アメリカと国連と日本」
14:45〜 研究会趣旨説明
文明論としてのアメリカ研究会代表 阿川尚之氏 (慶應義塾大学教授)
15:00〜 休憩
15:20〜 パネルディスカッション
土屋大洋氏 (慶應義塾大学准教授)
沼波 正氏 (日本銀行国際局長)
待鳥聡史氏 (京都大学教授)
簑原俊洋氏 (神戸大学教授)
コーディネーター:阿川尚之氏 (慶應義塾大学教授、文明論としてのアメリカ研究会代表)

プロフィール

リーチャード・リー・アーミテージ氏(アーミテージ・インターナショナル代表、元国務副長官)
1945年生まれ。アナポリス海軍兵学校卒業後、ベトナム戦争に従軍。その後、国防総省情報局員、レーガン政権の国防次官補代理、ジョージ・ブッシュ政権下の2001年〜2005年、国務副長官を務める。国防戦略の専門家、共和党穏健派の重鎮、知日派・アジア通として知られる。

北岡 伸一氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授、元日本政府国連代表部次席代表)
1948年生まれ。立教大学法学部教授を経て現職。専門は日本政治外交史。2004年〜2006年、特命全権大使としてニューヨークに赴任、日本政府国連代表部次席代表を務める。『清沢洌』(サントリー学芸賞)、『日米関係のリアリズム』(読売論壇賞)、『自民党』(吉野作造賞)など、著書多数。

土屋 大洋氏(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授兼総合政策学部准教授)
1970年生まれ。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教授を経て現職。現在、在外研究のため、マサチューセッツ工科大学客員研究員。専門は、国際政治学、情報社会論。著書に、『ネット・ポリティックス』(テレコム社会科学賞)、『情報による安全保障』など。

沼波 正氏(日本銀行国際局長)
1953年生まれ。日本銀行入行後、ブルッキングス研究所客員研究員、日本銀行ワシントン事務所長、那覇支店長、金融市場局審議役(決済・市場整備担当)、米州統括役ニューヨーク事務所長などを歴任し、2008年6月に国際局長に就任。著書に『私が見た沖縄経済』がある。

待鳥 聡史氏(京都大学大学院法学研究科教授)
1971年生まれ。大阪大学大学院法学研究科助教授、京都大学大学院法学研究科助教授を経て現職。専門は、比較政治・アメリカ政治。著書に『財政再建と民主主義』(アメリカ学会清水博賞)、『日本の地方政治』(共著)、『比較政治制度論』(共著)がある。

簑原 俊洋氏(神戸大学大学院法学研究科教授)
1971年アメリカ生まれ。ユニオン・バンク勤務後、神戸大学大学院法学研究科に入学。神戸大学法学部助教授を経て現職。専門は日米関係史。著書に、『排日移民法と日米関係』(アメリカ学会清水博賞)、『カリフォルニア州の排日運動と日米関係』がある。

阿川 尚之氏(慶應義塾大学総合政策学部教授、文明論としてのアメリカ研究会代表)
1951年生まれ。ソニー株式会社、米国及び日本での弁護士事務所勤務などを経て現職。専門は米国憲法史、日米関係史。2002年〜2005年、在アメリカ日本大使館の広報文化担当公使を務めた。『海の友情』、『憲法で読むアメリカ史』(吉野作造賞受賞)など著書多数。