トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 > サンドラ・デイ・オコナー氏名誉博士称号授与 記念講演会

イベント報告

慶應義塾創立150年記念 未来先導基金プログラム

サンドラ・デイ・オコナー氏名誉博士称号授与 記念講演会

2008年12月12日(金) 16時20分〜17時20分

慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール


入場・申込 入場無料・申込不要 (240名)
対象 どなたでもお聴きいただけますが、参加多数の場合、ご入場いただけない場合がございます。
主催 慶應義塾大学法学部、総合政策学部
お問い合わせ 慶應義塾 創立150年記念事業室 E-mail: info@keio150.jp

女性として初のアメリカ合衆国連邦最高裁判所判事であるサンドラ・デイ・オコナー氏をお招きし、記念講演会を開催しました。

プロフィール

サンドラ・デイ・オコナー氏(アメリカ合衆国最高裁判所前判事)
1930年生まれ。1981年にレーガン大統領によって合衆国最高裁判所判事に指名され、連邦上院の助言と承認を得てアメリカ史上初の女性合衆国判事に就任。以来、2006年1月の辞任まで約24年間にわたり最高判事を務めた。在任中は、アメリカでもっとも影響力のある女性とも呼ばれ、経歴だけでなくその人柄も愛される、現代アメリカの主要人物の一人である。