トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 >150 Years of Keio University : Retrospect and Prospect

イベント報告

慶應義塾創立150年記念 国際シンポジウム
「慶應義塾の150年 − 回顧と展望」

“150 Years of Keio University : Retrospect and Prospect”

2009年7月22日(水) 
14:00 - 17:00

大英図書館 (イギリス ロンドン)


参加 入場無料、一般公開。
言語 英語
主催 慶應義塾、 大英図書館
後援 株式会社 日本航空 JAL
Bernard Quaritch Ltd.
協力 独立行政法人国際交流基金、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)

慶應義塾は、大英図書館との共催により、創立者福澤諭吉が文久遣欧使節団の一員として訪問したロンドンにて、創立150年記念国際シンポジウム「慶應義塾の150年 ― 回顧と展望」を開催しました。大英図書館所蔵の貴重書展も、同時開催しました。

 →当日の様子はこちらから

 

プログラム

13:30 開場
司会:高宮利行 慶應義塾大学名誉教授
14:00〜14:30 ご挨拶
阿川尚之 慶應義塾常任理事
ロナルド・ミルン 大英図書館研究及び蔵書部門主事
クリスチャン・ジェンセン 大英図書館イギリス関係書部長
14:30〜15:30 講演 “Fukuzawa Yukichi and the Making of the Modern World”
アラン・マクファーレン ケンブリッジ大学キングスコレッジ教授
15:30〜16:00 休憩
16:00〜16:30 講演 “The Legacy of Fukuzawa and the Future of Keio”
坂本達哉 慶應義塾大学経済学部教授
16:30〜16:45 貴重書展示の説明
ハミッシュ・トッド 大英図書館日本語部門長
16:45〜17:00 ご挨拶
ピーター・マサイアス 元ケンブリッジ大学ダウニングコレッジ学寮長・慶應義塾大学インターナショナル・アドバイザー