トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 > 慶應義塾創立150年記念イベント 慶應義塾マンドリンクラブ創部100年記念演奏会

イベント報告

慶應義塾創立150年記念イベント

慶應義塾マンドリンクラブ創部100年記念演奏会

6/27(日)13:00開演

サントリーホール


主  催

慶應義塾マンドリンクラブ

 2010年6月27日(日)にサントリーホールで、慶應義塾マンドリンクラブ創部100年を記念してコンサートが開催されました。マンドリンクラブは1910年、明治43年に田中常彦(たなかつねひこ)先輩により創部され、2010年で100年を迎えました。大学のマンドリンクラブとしては日本最古を誇っています。2009年8月にはオペラシティーのタケミツ・メモリアルで前年祭コンサートを行い、おおいに盛り上がっての開催となり、今回のコンサートは早い時期に切符が売り切れてしまうほどの人気でした。


 「慶應讃歌」の演奏でにぎにぎしく開幕しました。司会は、塾員でもある紺野美沙子さんにお願いしました。1部はマンドリンの名曲「メリアの平原に立ちて」で始まり、「スタジオジブリ・メドレー」などを演奏しました。2部は、オペラの名曲から、「フィガロの結婚」序曲などを演奏しました。3部は、65年の長きにわたりマンドリンクラブを育ててくださった服部正先生の代表作である、ミュージカルファンタジー「人魚姫」を演奏しました。ソプラノを手島由紀子さん、テノールを大澤一彰さん、ナレーションを紺野美紗子さんにお願いしました。合唱は、楽友三田会合唱団に賛助で出演していただきました。オーケストラは、下は中等部2年生から、上は昭和24年卒業・85歳のOBまでがステージに上り、まさにオールKMCメンバーで演奏しました。アンコールの後、「丘の上」を演奏し、引き続き、会場の皆さんも一緒に「KMCソング」を合唱し、100年記念にふさわしい楽しい演奏会となりました。


 演奏会終了後、隣のANAインターコンチネンタルホテル東京で祝賀会が開催されました。出演者をはじめ400人を超える人たちが参加しました。ドイツからこの演奏会のために駆けつけて下さった指揮者、キース・ハリスさんに来賓挨拶をしていただきました。各学年毎にテーブルを設け100年に一度のお祭りを大いに楽しみました。

(KMC創部100年記念行事実行委員会事務局 岡本明)


 

満席の会場 第2部の様子
3部の大演奏団 祝賀会出演者