トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 > 国際プラトン学会 International Plato Society 第9回プラトン・シンポジウム IX Symposium Platonicum

イベント報告

国際プラトン学会 International Plato Society

第9回プラトン・シンポジウム IX Symposium Platonicum

2010年8月2日(月)〜7日(土)

慶應義塾大学三田キャンパス西校舎


大会ホームページ http://phil.flet.keio.ac.jp/ips2010/(英語)
市民公開講座(8/7開催)
http://www.carls.keio.ac.jp/2010/07/-201087.html(日本語)
主  催

国際プラトン学会(International Plato Society:略称 IPS)
日本西洋古典学会、内閣府日本学術会議

2010年8月2日(月)〜7日(土)、国際プラトン学会(IPS)の第9回プラトン・シンポジウム(IX Symposium Platonicum)を、慶應義塾大学・三田キャンパスで開催いたしました。国際プラトン学会は、1989年に創立され、全世界に500名ほどの会員を有する国際学会です。これまで3年ごとに世界各地で大会を開催して参りましたが、今回はアジア圏で初めて、東京での開催となりました。本大会は、慶應義塾創立150年記念イベントにも認定されており、三田哲学会からも全面的な後援を受けております。
本大会はプラトンの主著『ポリテイア』(国家)をテーマとし、海外からの多数の参加者と共に、100あまりの研究発表を1週間にわたって議論しました。イデア論を始めとする哲学理論はもちろん、受容史や、歴史背景、政治理論、教育理論、文学的側面や文献学まで、幅広く議論いたしました。

大会発表と議論は、英語・仏語・独語・伊語・西語の5カ国語(IPS公用語)でなされ、通訳は入りませんでしたが、最終日7日(土)午後には、日本西洋古典学会主催の市民公開シンポジウム(参加自由)が開かれ、日本語で議論いたしました。


第9回プラトン・シンポジウム日程(予定)

第1日 8月2日(月)
午前:大会受付開始
午後:パラレルセッション1
夕方:開会式、De Vogel記念講演(Mario Vegetti教授)、歓迎レセプション

 

第2日 8月3日(火)
午前:パネルセッション1「ポリス」
午後:パラレルセッション2
夕方:文化行事

 

第3日 8月4日(水)
午前:プレナリーセッション1、フィロロギカ講演(Gerard Boter教授)
午後:東京市内観光(2コースから選択:参加費、一人3,000円)
夕方:バンケット(東京プリンスホテル:参加費、一人6,000円)

 

第4日 8月5日(木)
午前:プレナリーセッション2
午後:パラレルセッション3、IPS総会

 

第5日 8月6日(金)
午前:パネルセッション2「魂(プシュケー)」
午後:パラレルセッション4、山本記念講演(Myles Burnyeat教授)
夕方:ファアウェルパーティ

 

第6日 8月7日(土)
午前:プレナリーセッション3、閉会式

午後:公開市民講座(パネリスト:Livio Rossetti, Luc Brisson, 佐々木毅、岩田靖夫)


詳細は、大会ホームページをご参照ください。