トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 2008年9月

イベント報告 2008年9月



2008年9月

  • 2008/09/02
    〜09/05

    Dynamics and Design Conference 2008
    【日本機械学会 機械力学・計測制御部門委員会主催】 『きわめ 織りなす 動きの世界』を総合テーマに開催されます。機械力学・計測制御分野の多岐にわたるオーガナイズド・セッションにおける講演や、特別講演、基調講演、フォーラム、機器展示などの様々な行事が行われます。また、学生・若手研究者向けの講習会も併せて開催されます。

  • 2008/09/03

    第7回情報科学技術フォーラム(FIT2008)内 相磯秀夫特別記念講演会
    環境情報学部の設立の際ご尽力いただいた相磯秀夫先生に、これからの情報科学、情報教育のあり方などについてお話をいただきました。

  • 2008/09/10
    〜09/12
    未来先導基金
    プログラム

    慶應義塾への導入プログラム−正課外教育を中心に−
    「塾生交流in立科2008」
    大学1年生および留学生を対象に、上級生や教職員と交流しながら、有意義な塾生生活とは何かを自分なりにみつける場を提供したいと思います。自然とふれあいながら学部を超えた友達をたくさんつくりませんか。

  • 2008/09/18

    文部科学省「大学国際化推進プログラム(戦略的国際連携支援)」によるダブルディグリー制度に関するシンポジウム
    【慶應義塾大学理工学部主催】 ダブルディグリープログラムのパートナーであるエコールサントラル5校と、 東北大学、同志社大学からパネリストを招き、各校でのダブルディグリーへの取組に関して発表を行いました。

  • 2008/09/20

    朝日・大学パートナーズシンポジウム
    「異端がひらく未来 ―大阪近代化の幕開けと福澤諭吉―」
    【福澤諭吉記念文明塾、朝日新聞社主催】 大阪の近代化を軸として、思想家でもありながら、文化人でもあり実業家でもあった福澤、およびその門下生の活躍から、今後の生き方および、これからの社会を切り開いていくヒントを模索しました。

  • 2008/09/23

    記念講演会 学問のすゝめ21 東京会場 「日本人のアイデンティティー」
    パネリスト:上田宗冏(茶道 上田宗箇流十六代 家元)、坂村健(東京大学大学院情報学環教授)、向井千秋(宇宙航空研究開発機構 宇宙飛行士、宇宙医学生物学研究室長)、茂木友三郎(キッコーマン株式会社 代表取締役会長CEO)、安西祐一郎(慶應義塾長)
    コーディネーター:宮本 隆治(アナウンサー)

  • 2008/09/27

    慶應英文学会 第4回(2008年)大会「福澤諭吉と英語教育―過去・現在」
    【慶應英文学会主催】 英学塾として始まった慶應義塾の教育の根本理念を、開塾当時から現在までを俯瞰することによって再考しました。

  • 2008/09/28

    慶應義塾ワグネル・ソサエティー男声合唱団 東久留米公演
    東久留米三田会が毎年開催している「慶應義塾の学生」による第4回目の演奏会を開催しました。ワグネル・ソサエティー男声合唱団は今回で2回目の出演です。