トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > イベント > イベント報告 > KEIO 150/UK-JAPAN 2008 英国人ノーベル賞受賞者によるレクチャーシリーズ

イベント報告

UK-JAPAN2008ロゴマーク

慶應義塾・駐日英国大使館共催

KEIO 150/UK-JAPAN 2008
英国人ノーベル賞受賞者によるレクチャーシリーズ

第1回 2008年2月27日(水) 詳細>>
第2回 2008年5月 9日(金) 詳細>>
第3回 2008年6月11日(水) 詳細>>
第4回 2008年7月11日(金) 詳細>>

下記「レクチャシリーズ日程」をご覧ください。


参加 入場無料、一般公開。 事前申込みが必要です。
使用言語 英語 (日英同時通訳あり)
主催 慶應義塾・駐日英国大使館
協賛 全日本空輸株式会社 全日本空輸株式会社ロゴマーク
株式会社サイマルインターナショナル  株式会社サイマルインターナショナルロゴマーク
UK-JAPAN 2008 公式サイト http://www.ukjapan2008.jp/

慶應義塾創立150年と日英の外交関係が結ばれてから150年を記念して慶應義塾・駐日英国大使館共催で、英国人ノーベル賞受賞者による一般公開講演会を開催しました。

レクチャーシリーズ日程

■第1回 2月27日(水)
サー・ポール・ナース (2001年ノーベル生理学・医学賞受賞)
演題:「生物学の偉大なる概念」
 “Great Ideas of Biology”
場所:駐日英国大使館
詳細
■第2回 5月9日(金)
サー・アンソニー・レゲット サー・アンソニー・レゲット (2003年ノーベル物理学賞受賞)
演題:「ノーベル賞への風変わりな道のり」
 “An Unusual Route to the Nobel Prize”
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
詳細
■第3回 6月11日(水)
サー・ティム・ハント サー・ティム・ハント (2001年ノーベル生理学・医学賞受賞)
演題:「ノーベル賞を獲る方法: ある生化学者の海辺のアドベンチャー」
 “How to Win a Nobel Prize: seaside adventures of a biochemist”
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール

詳細
■第4回 7月11日(金)
サー・ハリー・クロート サー・ハロルド・クロトー (1996年ノーベル化学賞受賞)
演題:「科学、社会、サステナビリティ」
 “Science, Society and Sustainability”
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
詳細