慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福沢展 余録
企画の現場から

2009年1月
釈迦金棺出現図
18日のNHK教育テレビ「新日曜美術館」の「アートシーン」で本展が紹介されました。このなかで、出陳作品の「釈迦金棺出現図」(国宝 京都国立博物館所蔵 1/25迄展示中)も紹介されていたので、ひとこと。  <<写真>>第2会場 インフォメーション    ・・・

[続きを読む]

2009/01/19 0:40:00
展覧会のつぼ -名壺の邂逅-
「福沢展のツボ」を書かれている都倉先生を見習って、壺の話を一つ。 第7部の美術品展示では、2つの壺が展示されております。ひとつは、松永安左エ門(耳庵)旧蔵の「色絵吉野山図茶壷」(重要文化財 福岡市美術館所蔵)です。江戸時代17世紀の名工、野々村仁清の制作した茶壷です。吉野山に咲く桜を金銀赤なのど色で ・・・

[続きを読む]

2009/01/18 0:51:00
福沢展 車椅子利用者第1号
本日、私の90歳になる祖母が母と叔母と一緒に来場いたしました。私がここ数年福沢展の話ばかりしていたため、OPENしたらどうしも見たいと言っており、念願叶っての来場です。祖母は、杖をついての自力歩行はできますが、長時間の観覧が困難なため会場の車椅子を借りました。 ・・・

[続きを読む]

2009/01/17 23:47:00
福沢諭吉展と妙心寺展の微妙な関係
「福沢諭吉展」の第7部では、福澤諭吉存命中にその謦咳に触れ、後に大実業家となった人々旧蔵の名品を展観することで、日本の古美術品コレクション形成において、福沢門下生たちの影響力の大きさを実感していただこうという思いも込められております。朝吹英二(柴庵)、益田克徳(非黙)、益田英作(紅艶)、高橋義雄(箒 ・・・

[続きを読む]

2009/01/12 2:32:00
うなじの話
都倉先生のブログで明治のうなじと紹介された女子のうなじは、とても魅力的ですね。ところで、年配の方から伺った話をひとつ。今はわかりませんが、以前は、女性が和服を着て、髪を結いあげる際に、うなじのおくれ毛が見えているのは、ちゅっと恥ずかしいことだったらしいです。昔の方は襟足を剃って産毛やおくれ毛などが見 ・・・

[続きを読む]

2009/01/12 1:20:00
ページの先頭へ