慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福沢展 余録
企画の現場から

« 水原茂のユニフォームと紅梅キャラメルの話 |メイン| 福沢諭吉展と妙心寺展の微妙な関係 »

うなじの話

都倉先生のブログで明治のうなじと紹介された女子のうなじは、とても魅力的ですね。
ところで、年配の方から伺った話をひとつ。
今はわかりませんが、以前は、女性が和服を着て、髪を結いあげる際に、うなじのおくれ毛が見えているのは、ちゅっと恥ずかしいことだったらしいです。
昔の方は襟足を剃って産毛やおくれ毛などが見えないようにするのが、嗜みだったようです。
それゆえ、襟足に髪の毛がほつれかかった姿が、なんとも非日常的で艶っぽく感じられたのではないかと・・・。

福澤先生だったらどんなことをおっしゃるか聞いてみたいような気もしますが。

本館中央階段踊り場の真生流生花の前で、撮影された男女の記念写真はとてもキマッテおります。
東京国立博物館の本館は、一般の方の写真撮影が許可されている場所があります。
ご来館の方々は、確認のうえ、博物館のお気に入りの場所で記念写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

2009/01/12 1:20:00
ページの先頭へ