慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福沢展 余録
企画の現場から

2009年8月
3つの井戸茶碗
茶道の舶載品茶碗の中で、殊更茶人たちに愛好されてきたのが、井戸茶碗といえましょう。井戸茶碗は15~16世紀に朝鮮半島で焼かれた茶碗で、褐色系のざっくりとした土味(つちあじ)の器胎に薄く釉薬がかかることで、青味を帯びた琵琶色や明るい琵琶色に発色します。かけられた釉薬が高台の付根から畳付にかけて溜まり、 ・・・

[続きを読む]

2009/08/26 23:55:00
ページの先頭へ