慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福沢展 余録
企画の現場から

江東区立深川第三中学校のみなさんと「学問のすすめノート」
11月20日に、三田の慶應義塾大学の旧図書館玄関ホールで、20人くらいの学校見学の中学生たちと遭遇いたしました。 彼らのバッグには、何となく見覚えのある「FUKASAN」の文字が。「ふかさん?」とは「

[続きを読む]

2009/11/29 23:25:00
本サイト 今後の予定(アーカイブへの移行)
2009年に東京・福岡・大阪・神奈川で開催された福澤諭吉展にご関心をおもちいただきありがとうございました。 本サイトは、展覧会および関係する情報を皆様にお伝えするために運営してまいりましたが、無事役目

[続きを読む]

2009/11/11 10:31:20
3つの井戸茶碗
茶道の舶載品茶碗の中で、殊更茶人たちに愛好されてきたのが、井戸茶碗といえましょう。井戸茶碗は15~16世紀に朝鮮半島で焼かれた茶碗で、褐色系のざっくりとした土味(つちあじ)の器胎に薄く釉薬がかかること

[続きを読む]

2009/08/26 23:55:00
益田克徳と茶碗
第7部では、益田克徳作の黒楽茶碗 銘 小太郎ヶ淵と茶杓 銘 岩戸を、克徳旧蔵品の黒楽茶碗 銘 七里(本阿弥光悦作)と粉引酢次茶碗 銘 呉竹と一緒のケースに並べております。小太郎ヶ淵と岩戸は、東京会場で

[続きを読む]

2009/05/11 23:23:00
ホテルのスリッパ
この度の展示では、展示ケースの中に入って、展示台の調整をしたり、作品を設置したり、キャプション位置を決めたりと、何かと靴を着脱することが多いので、スリッパで展示作業をしております。 かといって、1週間

[続きを読む]

2009/04/30 22:54:00
福沢展福岡ポスター街貼り 第1号
東京会場も無事終了し、作品の一部を次の会場の福岡市美術館に2日かけて輸送いたしました。 福沢展以外でも年中展覧会が開催され、日本中を美術品専用車が走り回っている昨今、皆さんが信号待ちしている前を国宝が

[続きを読む]

2009/03/19 18:19:00
男女の並び姿
表慶館では、毎日曜・祝日に明治時代風の着装をした若い男女が、展作品リストを会場でお配りしております。 回を重ねるにつれ、身のこなしも自然になってきているように思います。 今日は、本館や屋外に出て、お客

[続きを読む]

2009/02/15 22:25:00
鶯の鳴き声は、ほー法華経です。
きのうのなぞなぞの答えは、「春」「日」⇒「春日」「法」「華」「経」⇒「法華経」です。歌の中の文字をつなぐと、こうなります。「春日」は、3代将軍家光の乳母、春日局のこと。春日局の尽力で将軍となれた家光は

[続きを読む]

2009/02/11 18:58:00
鶯の鳴き声は?
表慶館の裏手の梅花も咲き始め香りが漂っております。東京国立博物館のあたりは、昔は東叡山寛永寺の寺域でした。天台宗の寛永寺は、当初徳川家の祈祷寺であったのを3代将軍家光の深い帰依によって菩提寺の一つとな

[続きを読む]

2009/02/08 23:10:00
釈迦金棺出現図
18日のNHK教育テレビ「新日曜美術館」の「アートシーン」で本展が紹介されました。このなかで、出陳作品の「釈迦金棺出現図」(国宝 京都国立博物館所蔵 1/25迄展示中)も紹介されていたので、ひとこと。

[続きを読む]

2009/01/19 0:40:00
展覧会のつぼ -名壺の邂逅-
「福沢展のツボ」を書かれている都倉先生を見習って、壺の話を一つ。 第7部の美術品展示では、2つの壺が展示されております。ひとつは、松永安左エ門(耳庵)旧蔵の「色絵吉野山図茶壷」(重要文化財 福岡市美術

[続きを読む]

2009/01/18 0:51:00
福沢展 車椅子利用者第1号
本日、私の90歳になる祖母が母と叔母と一緒に来場いたしました。私がここ数年福沢展の話ばかりしていたため、OPENしたらどうしも見たいと言っており、念願叶っての来場です。祖母は、杖をついての自力歩行はで

[続きを読む]

2009/01/17 23:47:00
福沢諭吉展と妙心寺展の微妙な関係
「福沢諭吉展」の第7部では、福澤諭吉存命中にその謦咳に触れ、後に大実業家となった人々旧蔵の名品を展観することで、日本の古美術品コレクション形成において、福沢門下生たちの影響力の大きさを実感していただこ

[続きを読む]

2009/01/12 2:32:00
うなじの話
都倉先生のブログで明治のうなじと紹介された女子のうなじは、とても魅力的ですね。ところで、年配の方から伺った話をひとつ。今はわかりませんが、以前は、女性が和服を着て、髪を結いあげる際に、うなじのおくれ毛

[続きを読む]

2009/01/12 1:20:00
水原茂のユニフォームと紅梅キャラメルの話
展覧会実行委員の先生から、著名な野球部員のユニフォームを出陳したいとのご相談があったのが数ヶ月前。 その先生と共に東京ドームにある「財団法人 野球体育博物館」へ作品拝借のお願いに行ってまいりました。私

[続きを読む]

2008/10/22 21:47:22
ページの先頭へ