慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 慶應義塾関係者にとっての福澤展 |メイン| 居合刀の鑑定 »

福澤アメリカ土産の乳母車を撮影

Satsuei1 先日、最後の写真撮影をしました。会場で販売する図録のための資料撮影です。

   三田キャンパス内某所に設けられた特設スタジオ(?)で、義塾のカメラマンとキュレーターのお二人、お手伝いの方と、資料とのにらめっこの時間です。今回の図録は、どちらかといえば重厚に行く方針なので、写真としては、あまり色気を出さないというスタンスです。図録とは本来そういうものなのかもしれません。5月の「小泉信三展」の図録では、かなり自由な誌面構成で、カメラマンも出版者の方も私も、いろいろと楽しんだのですが、今回はガッチリ路線です。

もちろん色気はなくとも、カメラマンも力が入っております。殺風景無風流と自称する福沢の遺品は質素なものばかりで、普通に撮れば、味も素っ気もないのですが、カメラマンの手に掛かると実に素晴らしい芸術品に見えるのが、不思議です。プロとはこういうことなのですね。

写真は今年夏の撮影での一コマ。福澤のアメリカ土産の乳母車を撮影した時の様子です。

2008/11/24 18:43:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ