慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 「グッドニュースは特筆大書せよ」 |メイン| キャプション大詰め »

福澤演説像、三田を発つ。

Speech4_2資料の大がかりな移動が始まりました。

今日は、慶應義塾三田キャンパスの三田演説館内壇上に常時掲げられている福澤諭吉の演説姿の油絵が、下ろされました。

 

 

Speech3_2 美術品輸送の専門の方々が、足場を組み、数時間をかけてこの巨大な絵を降ろしました。この絵は2001年に行われた「世紀を貫く福澤諭吉展」で展示されましたので、それ以来かと思います。

輸送の業者の方々の雰囲気というのは独特で、体育系のノリなので、談笑するわけではないですが、てきぱきと作業が進んでいく様は、端から見ていてナカナカ小気味よいです。

 

 

写真は、作業風景と、取り外し前に作品の状態確認が行われている様子です。

2008/12/20 20:00:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ