慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 上原良司「所感」 ――「国賊福澤諭吉」の時代 |メイン| ととや茶碗 銘 市原 一名秋草 【作品番号7-05】 »

利休丸壺茶入 大名物 重要美術品 【作品番号7-02】

702 【朝吹英二(柴庵)旧蔵 1850~1918】
作品番号7-02 利休丸壺茶入 大名物 重要美術品
 南宋~元時代 13-14世紀 香雪美術館所蔵
中国南部産の典型的な丸壺茶入で、千利休所持からこの名がある。濃紫色に発色した鉄釉の上にむらのある黄褐色の釉薬が施され、円形の釉抜けあって見所をつくる。

【朝吹英二(柴庵)旧蔵 1850~1918】
作品番号7-02 利休丸壺茶入 大名物 重要美術品
 南宋~元時代 13-14世紀 香雪美術館所蔵

【益田克徳(非黙)旧蔵 1852~1903】
作品番号7-05 ととや茶碗 銘 市原 一名秋草
 朝鮮時代 16-17世紀 個人蔵

【高橋義雄(箒庵)旧蔵 1861~1937】
作品番号7-12 瀬戸奈屋肩衝茶入
 安土桃山時代 16世紀 MOA美術館所蔵

【益田英作(紅艶)旧蔵 1864~1921】 
作品番号7-09 色絵金銀菱重茶碗 野々村仁清作
 江戸時代 17世紀 重要文化財 MOA美術館所蔵

【松永安左エ門(耳庵)旧蔵 1875~1971】
作品番号7-49 唐物肩衝茶入 銘「松永」
 明時代 15-16世紀 福岡市美術館所蔵

【山口吉郎兵衛(滴翠)旧蔵 1883~1951】
作品番号7-66 青井戸茶碗 銘 蓬莱
 朝鮮時代 16世紀 個人蔵

【慶應義塾所蔵】
作品番号7-139 秋草文壺 国宝
 平安時代 12世紀 慶應義塾所蔵

2009/01/30 23:32:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ