慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 大阪慶應義塾跡記念碑と適塾 |メイン| 偽悪者としての福澤諭吉 »

福澤とアメリカ大統領

オバマ新大統領誕生にアメリカはずいぶん沸いているようですね。福澤は2度アメリカに渡っています。最初は有名な咸臨丸での渡米(万延元年<1860>)。2度目は軍艦受取委員の一人として(慶応3年<1867>)。

さて、ここで問題。福澤はアメリカ大統領に会ったことがある。○か×か。

正解は○。2度目の渡米で、ジョンソン大統領に謁見しています。リンカーンが暗殺されて、副大統領から昇格した大統領です(大統領としての評判は随分悪い人のようですが…)。

もう1問。福澤はホワイトハウスに行ったことがある。○か×か。

正解はこれも○。大統領との謁見は、ホワイトハウスのBlue Roomで行われました。時に慶応3年4月1日。福澤のメモ帳には、ホワイトハウスの間取りも書き留められています。謁見の数日前には、独立宣言を見ており、数日後には、大統領の散歩に出くわしています。

展示の中にも、アメリカ大統領がこっそり登場しています。先日福澤の新聞『時事新報』にアメリカンジョークコーナーがあったと書きましたが、展示されている拡大パネルの中に、アメリカ大統領に関するジョークが一つ出ています。今回は英語でどうぞ。

AS TO WISDOM
Foreigner-- What is the name of your President?
Native-- Harrison.
Foreigner-- Is he a wise man?
Native-- Not very. He thinks he can be elected for another term.
(会場には日本語訳も出ています。)

2009/01/22 10:46:52
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ