慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 猪木武徳氏の講演 |メイン| 福澤諭吉の原点、大阪 »

右手は何をするものぞ

Img_2193_2

ちょっとマニアックな注目点をご紹介しましょう。玄関ホールにある福澤座像。その右手にご注目下さい。

手が、袴の中に入っています。何だか、お行儀が悪いですね。

 

 

福澤がこの座像制作を嫌がったという話を前に書きましたが、たぶん、普通の銅像がそうであるように、当たり前に堂々とポーズを取ることは、福澤の性分が許さなかったのではないでしょうか。

ここにちょっとスキを見せているところに、福澤らしさが見え、また作者の大熊氏広の生き生きした造形を見ることが出来ます。

2009/01/15 19:29:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ