慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 図録はネットでもお求めになれます! |メイン| 上原良司「所感」 ――「国賊福澤諭吉」の時代 »

ステンドグラスのかけら

Photo 今日、慶應義塾福澤研究センターに、興味深い資料の寄贈がありました。慶應義塾図書館(旧館)の大ステンドグラスのかけらです。

慶應義塾のシンボルの一つであり、このブログでも、昨年最後の記事でご紹介したステンドグラスは、実は戦後の復元です。元のものは、昭和20年5月の空襲で焼失しました。

今日ご寄贈いただいたのは、戦災の翌年、慶應義塾出身の父に連れられて図書館の焼け跡を訪れた方(当時小学生)が大事に保管されていた、戦前のステンドグラスのかけらで、青や緑の美しいガラスの破片です。どこの部分だったのでしょうか。

2 その中にひとつだけ、真っ黒な焼けこげた固まりがあります。一体何であったのかまだよくわかりませんが、震災記念館や原爆資料館などでみるような、高温で溶けて固まった、何かのようです。小さくはありますが、戦災の激しさを生々しく語ってくれます。

 

 

 

 

Tekona2 すでにご来場いただいた方は御存知のとおり、会場玄関ホールに飾られた大理石の彫刻・手古奈像は、このステンドグラスのすぐそばに展示されていました。そのため両腕を失い、無惨な姿になり、黒くすすけているのです。

慶應義塾の歴史の一端を語る資料が、60数年ぶりに元の場所に戻ってきたと考えると、感慨一入でした。もしこのような、福澤や慶應義塾に関する資料をお持ちの方は、ぜひ慶應義塾福澤研究センターにお知らせ下さい。

 

 

2009/01/28 18:51:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ