慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« この一枚 |メイン| 灯台のモデルが判明 »

幻の写真、発見

090222_17280001 今日、東京での福澤展の最後の展示替え作業が行われました。しばらく仕舞われていたアメリカ人少女と福澤の写真を、再び展示するなど、いくつか展示が変更されています。

さて、今日の大きな出来事としては、開催前の準備中に、一人だけどうしても発見できなかった人物の顔写真を、展示することができたことです。

展示の第4部において、多くの福澤門下生が実業界で活躍したことを紹介しておりますが、「もうひとつの福澤山脈」と銘打って、地方で近代化に取り組んだ有名・無名の人々も紹介しているのが、今回の特長です。さまざまな門下生を紹介しているパネルの中に、一人だけシルエットが描かれて、空白になっていた人がいました。榛葉元三郎(しんば・もとさぶろう)という人物です。

090223_10040001 この人は、静岡県で肥料会社などをおこした人物で、「良男」と改名していたため経歴もうまくたどれなかったのですが、福澤からの書簡が数通知られており、会場のパネルでも紹介しました。

展覧会開催後、ご遺族からご連絡を頂き、写真をご提供頂き、今日めでたく貼ることができ、明日からお披露目となります。

福澤諭吉が写った写真でさえ、まだ新しいものが発見されます。福澤の手紙、書いたものなども、新しいものが年にいくつか見出されています。慶應義塾・交詢社・時事新報、あるいは門下生、慶應義塾の卒業生などに関する情報や資料について、慶應義塾福澤研究センターでは継続的に情報収集致しておりますので、もし何か御存知のことがございましたら、いつでもぜひお知らせ下さい。お待ちしております。

2009/02/23 22:27:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ