慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 福沢か?福澤か? |メイン| トルコ語訳の『福翁自伝』 »

表慶館に春近し

Img_2561 だんだん春の気配が感じられるようになってきました。表慶館裏には梅が咲き始めています。昼も長くなり、まだ明るいうちに閉館になります。この前までは、帰る頃には真っ暗でしたが。

気温も心なし暖かくなってきて、お休みに外に出掛ける気分にもなる季節となって参りました。最初は、ぜいたくなほどゆったりご覧頂けていた会場も、段々とケース前でお待ちいただくことも出てきました。人も増えて会場も暖かいです。スタッフにも活気が出て参りました。

 

 

 

Img_2491 ただ、会場内で一カ所だけ極寒の地があります。某所にある事務局です。ここには暖房がありません。ほとんど外気と変わりません。否、日陰のため外よりも寒いかも知れません。開幕時に段ボールひと箱あったカイロは、事務局と会場の警備の方々が使用して、底をついてしまいました。皆さんの安全と快適なご鑑賞をサポートされている会場スタッフの方々と、ふるえながら、春を待ちつつ、皆さんをお待ちしております。

ちなみに会場の表慶館は明治42年(1909)完成。三田にある慶應義塾図書館の旧館の3つ年上ということになります。おお、書きながら気付きました。表慶館は、ちょうど築100年ということですね。

2009/02/08 23:03:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ