慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 妙心寺展と福澤諭吉展(2) |メイン| 幻の写真、発見 »

この一枚

Img_2577 福澤諭吉展では、福澤が写った非常に多くの写真を展示しています。福澤が一人で写っている写真だけで、ゆうに20枚以上あるでしょう。同時代では、写真がかなり多い人の一人であることは間違いないと思います。

数多くの写真の中で、私の一番のお気に入りは、こちらの子供二人と写った写真です。この写真を初めて見たのは、2001年に銀座和光で行われた福澤没後百年の展覧会「世紀をつらぬく福澤諭吉」においてでした。色々な展示が心に残っていますが、何はさておき、この写真が一番強烈に焼き付きました。

  

  

明治5年頃といいますから、江戸時代が終わってまだ5年、福澤はチョンマゲを切って、2年も経っていないような頃です。子供があんまりうれしそうじゃない、というツッコミが良く聞かれますが、こんな写真を撮るのは、まだ照れくさいという時代なのです。いや、今だって、写真館に行って、こんな写真撮らないでしょう。

家族写真といえば正装して直立不動、という時代に、この写真はまさに「異端」以外の何者でもないと思います。団欒のある新しい家族の姿を主張した福澤が、それを目に見える形で実践し、世に示すために、わかりやすく手本を示している姿と言っても良いと思います。

皆さんは、どの写真が気になりましたでしょうか?

2009/02/20 23:44:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ