慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 東京展、閉幕  ご来場有り難うございました! |メイン| 撤収!(2) »

撤収!(1)

Img_3001 展覧会終了から一夜明け、早速展示物の撤収が始まりました。

整然と並んでいた資料は、順次元の箱に戻っていきます。雨の可能性が高かったため、急ピッチで重い展示物(手古奈、福澤座像、イサム・ノグチ彫刻など)の撤去も進みました。搬入時、上野の空を舞う姿を見上げたイサム・ノグチの彫刻「若い人」は、あっという間にクレーンで地上に戻ったらしく、いつの間にか撤去されてしまいました。残念。

Img_3013 夕方までには、ご覧の通り、展示ケースはすっかり空となり、箱の山となりました。露出展示していたものの隙間には、うっすらとホコリが…。ほぼ2か月間の展示、多くの人が残されたホコリかと、しみじみ眺めたりしました。

その後、福岡会場の方と打ち合わせを行い、九州バージョンの演出も含め、知恵を出し合いました。展示資料も九州用に追加する予定です。福岡展は、東京会場とは少し違うイメージになると思います。ご期待下さい!

2009/03/09 21:01:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ