慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 大阪展会場下見 |メイン| 中津から資料を借用 »

資料三田に戻る

Dscf5487 今週のはじめ、東京会場で展示された歴史資料が三田某所に戻って参りました。搬出は昨年12月22日でしたから、およそ3か月三田を離れていたことになります。

この間に三田もすっかり春めいて参りました。ソメイヨシノではない早咲きの桜は、もうすっかり散り始めています。思えば、昨年の今頃、福澤資料の大規模な搬出・搬入作業を同じ場所で行いました。あの頃が、夢のように昔のことに思えます(画像は昨年。足下に散った桜の花びらも写り込んでいます)。

次の資料移動は4月下旬。今度は秋までのさらなる長旅になります。

2009/03/19 14:14:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ