慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

2009年4月
準備がほぼ整いました。
本格的な会場準備も4日目となり、準備がほぼ整いました。本展の中でも最も貴重な展示物の1つ、グーテンベルク聖書も今日午後に無事展示が終わり、音声ガイドや売店の設営も終了。わずかの修正のほか、あとは開幕を待つばかりです。 ご覧のように、あちこっちに派手に展開されていた大量の段ボール箱もきれいに片付けられ ・・・

[続きを読む]

2009/04/30 20:22:00
座像が鎮座
彫刻家・大熊氏広が制作した福澤諭吉の座像が、展覧会場入口に設置されました。福澤諭吉展の大看板を背後に鎮座まします福澤像は、ナカナカ存在感があり、ミモノです。 福澤生前に作られたものですが、彼自身は、これが人目に触れることを嫌い、隠してしまったと言われています。東京に次いで今度は福岡まで運ばれ、しかも ・・・

[続きを読む]

2009/04/28 23:53:00
資料、福岡に到着
昨日、雨の三田を出発した資料が、本日福岡に到着。私も本日より福岡入りして資料を出迎えました。 5月1日の内覧会まで、急ピッチの作業となります。会場の内装はすでに完成。カラフルな会場に資料が並び、キャプションが並ぶと、どんな風景が出来上がるのか、これからの数日が楽しみです。    ・・・

[続きを読む]

2009/04/26 23:50:00
実物の重み
今日は「開校記念日」で休み。福岡展準備も大詰めなのですが、かねてより行きたかった展覧会に行って参りました。 その展覧会とは早稲田大学で開催中の「最後の早慶戦 ――3番レフト近藤清24年の生涯」展(早稲田大学大学史資料センター春季企画展)。昭和18年(1943)10月に行われた学徒出陣を目前にした学生 ・・・

[続きを読む]

2009/04/23 19:30:00
福岡への搬送を待つ資料
東京展終了後、某所で静かに次の出番を待っている資料たち。そろそろ次の出番に向かいます。 今日は、福岡での特別出品資料の梱包が行われ、あとは搬出を待つばかりとなりました。福岡では、九州と福澤のゆかりについて、とくに掘り下げる資料を特別出品(福岡だけ展示)します。 ・・・

[続きを読む]

2009/04/22 22:31:00
能古島へ渡る。
本日は、志賀島の隣に浮かぶ能古島に渡り、能古博物館から資料を拝借。 能古島へは姪浜の能古渡船場よりフェリーで10分。料金は片道220円。資料運搬のため日通のルートバンも乗船しました。海上に出ると背後に福岡タワーとヤフードーム。夜景はさぞきれいでしょう。 ・・・

[続きを読む]

2009/04/18 17:58:00
ふたたび福岡。
いよいよ展覧会の設営開始も迫り、事前準備も大詰めです。 2泊3日でまた福岡に参りまして、福岡市美術館で缶詰になり、キャプション作成、パネル作成、展示図面の確認などを行いました。市内でもポスターをちらほら見かけるようになりました。東京展とは違うこのド派手なポスター、なかなかのインパクトを振りまいていま ・・・

[続きを読む]

2009/04/17 17:53:00
特別付録をやってみる。
中学生以下に無料配布の「諭吉ノート」。その特別付録は、「学問のすすめすごろく」。 このすごろくでは、福澤諭吉が大坂で生まれてから中津、長崎、大坂と進んで江戸に出て、外国をめぐって、明治維新を迎え、そして『学問のすゝめ』を出版するまでの生涯を勉強できてしまいます。結構気の利いた出来になったと思いますの ・・・

[続きを読む]

2009/04/15 17:49:00
中津の福澤旧邸の銅像もお色直し
大分県中津市には、かつて福澤が住んでいた家が残っており、記念館があります。福岡展のために資料をお借りするため、先日お訪ねしたことはこのブログでもご報告いたしました。その福澤旧邸から、福澤銅像のお色直しのニュースが届きました。 ご覧の写真は、戦後およそ60年の風雪を経て、傷んで変色し、酸性雨で涙を流し ・・・

[続きを読む]

2009/04/13 21:54:00
幻のユニコン展示計画と『学問のすゝめ』
慶應義塾のマスコットに2匹のユニコンというのがあります。昔三田にあった大講堂という建物のバルコニーに設置されていた彫刻が由来です。 写真の建物が大講堂。大正4年(1915)完成で、東大の安田講堂や早稲田の大隈講堂などにさきがけた大学の大型講堂であり、なおかつ東京で有数の文化施設でした。しかし大正12 ・・・

[続きを読む]

2009/04/09 21:11:00
福澤諭吉と大隈重信の友情
東京では、早稲田大学の創立者大隈重信と福澤の関係を示す資料をあまり展示することが出来ませんでした。福岡では、大隈の出身地佐賀が近いこともありますので、二人の友情を示す資料を追加展示します。 大隈と福澤がはじめて会ったのは、明治の初めだったらしいのですが、よくわかっていません。大隈によれば、会うまでは ・・・

[続きを読む]

2009/04/07 19:36:00
福岡だけの特別出品情報
福岡での福澤諭吉展では、九州方面に関係の深い資料が充実します。特別出品コーナーの概略を簡単にご紹介しましょう。 ○福澤の死と九州の人々 明治34年(1901)に福澤が亡くなったとき、日本中・世界各地から弔電や弔辞が無数に届きました。その中には、もちろん九州から届いたものも多くあります。山口、福岡、沖 ・・・

[続きを読む]

2009/04/01 21:01:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

ページの先頭へ