慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 能古島へ渡る。 |メイン| 実物の重み »

福岡への搬送を待つ資料

090422_2 東京展終了後、某所で静かに次の出番を待っている資料たち。そろそろ次の出番に向かいます。

今日は、福岡での特別出品資料の梱包が行われ、あとは搬出を待つばかりとなりました。福岡では、九州と福澤のゆかりについて、とくに掘り下げる資料を特別出品(福岡だけ展示)します。

 

それらの資料のためのキャプション制作なども大詰め。連日深夜まで美術館の方と、造作担当の会社とやりとりが続いています。細かいところまで色々と注文をしてご苦労をおかけしていますが、本当に良くお付き合いいただいており、恐縮です!

いよいよ開幕まで10日となりました。

2009/04/22 22:31:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ