慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 方言と福澤諭吉 |メイン| リンボウ先生ご講演 »

女の子と福澤の写真、レプリカ制作

0905091 現在福岡展に展示中の福澤諭吉とサンフランシスコの写真屋の娘の有名なツーショット。この写真は、型破りな写真として大変有名ですが、1点しかないものですから、なかなか実物を多くの方にご覧頂くことが出来ません。今回は滅多にない機会ですので、ぜひご覧頂きたいと思います。 

0905092 ところで、この写真をもっと多くの機会に触れて頂けるよう、精巧なレプリカ制作のプロジェクトが進んでいます。ご協力頂いたのは、以前このブログにもご登場頂いた白岩洋子さんと、もうひとかた、「ザ・プリンツ」代表の久保元幸さん。

アンブロタイプ(コロジオンタイプ)と呼ばれる技法で1860年にサンフランシスコで撮影されたこの写真を、当時とほぼ同じ工程で制作する作業が、一昨日行われ、その場を見学させて頂きました。

0905093 写真は「コロジオン」という薬品をガラス板に塗布する様子。この後、さらに感光剤が塗られ、すぐに数秒の露光。ただちに現像が行われます。

次の写真は、水洗いの様子。像が薄く浮かび上がります。定着の工程を経て、最後にドライヤーで乾かすと、像がくっきりと浮かび上がります(3枚目の写真)。できあがった写真の様子は、久保さんのブログでご覧頂けます。

一枚一枚このような過程で制作されたのかと思えば、実物写真に対する思いもまた格別です。現在ではデジタル写真も普及して、当たり前のように撮影される写真ですが、今回のように一つ一つの過程を見せて頂くと、先人たちの苦労がしのばれます。なにしろ、乾かないうちにすべてを済ませなければならないのですから!

0905094 女の子と福澤の写真の実物は、福岡では会期前半の24日までの展示、後半は同じ渡米の際撮影された福澤の個人ポートレートと、これも以前ご紹介したナゾの米国人少年の写真を展示いたします。お見逃しなく!

 

 

2009/05/09 17:49:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ