慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 福澤門下生の孫からの手紙 |メイン| 福岡展、閉幕 »

福岡展、閉幕間近!

Img_3895 福岡市美術館での福澤諭吉展は6月14日で閉幕を迎えます。まだご覧いただいてない方、お見逃しなく!!

展覧会場を何度もめぐっていますから、展示物は見慣れていますが、改めて眺めると新しい発見があったりします。ご覧の写真もその一つ。何かわかりますか。

これは福澤が万延元年(1860)に咸臨丸でアメリカに行ったときの集合写真の一部。ご覧下さい、このド派手なハカマ。右端の人がはいているのはなんでしょうか??

お侍というと、いかめしさ一方のイメージがありますが、このアバンギャルドなセンスはいかがですか。

この画像には入っていませんが、右端には実は福澤が写っておりますが、これがまた、何ともポっと出の田舎侍の垢抜けない顔です。刀のさし方まで野暮に見えます。その顔がさらに3年後のヨーロッパ行きの時には、凛々しい男前に様変わりしています。

展示物の数が多いため、「第6部 世界」まで来ると、少し疲れてしまって見過ごされている方も多いようです。もしよろしければご注目下さい。

今日より再び福岡入りしています。実は神奈川での「福澤諭吉と神奈川展」の準備も兼ねた早めの福岡入りです。後悔しないよう、今夜から福岡を食べ尽くします。

2009/06/12 18:31:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ